• ホーム
  • アレロックの効果と副作用など

アレロックの効果と副作用など

アレロックは体に断続的に強い痒みがあるときに服用する薬です。
アレロックの効果としては抗ヒスタミン作用と抗ロイコトリエン作用および抗トロンボキサン作用そして抗炎症効果となっています。
抗ヒスタミン作用は、まずヒスタミンは体の中に異物が入り込んだ時に異常を脳に伝えるための神経物質です。
その神経物質が多ければ多いほど脳に伝わる刺激が強くなるので痒みや炎症がひどくなってしまいます。

そこでアレロックの抗ヒスタミン作用の効果によって、脳への神経伝達の数を減らすことができれば痒みや炎症の刺激を抑えることにつながります。
次に抗ロイコトリエン作用および抗トロンボキサン作用は、体質なのですが人間の脂肪の中にはロイコトリエンおよびトロンボキサンがあります。
これも体に痒みを起こす刺激物質であり、アレロックはロイコトリエンおよびトロンボキサンを抑え込むことによってかゆみを抑え込んでくれます。
最後の抗炎症効果としては、体の異物が入り込むと脳の危険信号を受けて抗体が活動を開始します。
抗体の活動は異物を食べた後に情報収集して、その後本格的に攻撃する役目を持つ者が異物を無害化する流れをします。

しかし本格的に攻撃をする抗体は攻撃力が強く、その攻撃力に皮膚が耐え切れなくなり組織に傷がつくことで炎症が起きます。
その炎症も刺激が強いので、アレロックを服用することによって炎症が治まるようになれば自然と痒みも収まっていきます。
アレロックは肌に塗ることで抑えるタイプと違い服用するタイプなので即効性があります。
断続的に強い痒みが止まらない時には、即効性のアレロックを飲むことで日常生活に支障をきたさない状態にまで抑え込むことができます。

ただし服用するタイプなのでアレロックの副作用は注意が必要です。
その副作用としては抗ヒスタミン剤のすべてに共通するですが、アレロックも服用すると副作用として強い眠気が起きることがあります。
それ以外にも口の渇きや倦怠感や吐き気だけでなく、まれに肝機能に負担をかけてしまうため服用時に体に異常が出た時には服用をやめて速やかに精密検査を受けることをお勧めします。

アレロックの値段の相場、購入方法など

アレロックの購入方法としては、これまでは第1種医薬品だったので医療機関でしか処方されなかったものです。
しかし近年では認可が切れた医薬品を安く提供できるジェネリック医薬品として発売されるようになっており気軽に購入できるようになっています。
その値段相場はどうなっているのかというと、医療機関で処方されるものとジェネリック医薬品では若干値段に相違があります。
医療機関で処方されるものとしては、その値段がアレロックとして一粒40円から50円が相場となっており、ジェネリック医薬品だと医薬品名がオロパタジン塩酸塩として販売されその単価として一粒16円から20円と安く提供されています。
そのためアレロックを飲むのであればジェネリック医薬品のほうが得と考えると思いますが、ただ注意点があることを事前に知っておかなければならないです。

なぜ先発医薬品のほうが高いのかというと、その値段の内訳には薬の値段だけでなく、服用した後に仮に何かしらの問題が起きた時には処方した側に医薬品副作用被害救済制度というものがあるからです。
しかし認可のないジェネリック医薬品や個人輸入といった形で行うと、この医薬品副作用被害救済制度が適用されないのでやすくなる代わりに副作用が起きた時には保証されないデメリットがあります。
この医薬品副作用被害救済制度の考え方から、実際に服用するときにはまず値段が高いですが最初は医療機関で処方されたものを服用して、自身に副作用がないかを確かめることが大事です。
実際に服用して副作用が出た時には、先に言った医薬品副作用被害救済制度があるので保証してもらえるので安心感はあります。
そして複数回服用しても何も問題がない時には、医者に依頼してジェネリック医薬品か個人輸入という形で服用すればよいと考えます。

関連記事