• ホーム
  • アレルギーにはさまざまな種類や検査方法があります

アレルギーにはさまざまな種類や検査方法があります

アレルギーにはさまざまな種類があります。
医学的には原因によってI型からV型までの5つのタイプに分けられています。

I型
I型はアレルギーを起こす物質アレルゲンに触れたとたんに反応が起きるものです。気管支喘息や花粉症、アトピーなどがこのタイプにあたります。
II型
II型は自分の細胞をアレルゲンと誤って認識し、免疫システムが自身の体を攻撃するものです。橋本病やウイルス性肝炎などがII型です。
III型
III型は自己免疫疾患を起こすアレルギーです。全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどを引き起こします。
IV型
IV型は感作T細胞という細胞が関係して起こる種類のアレルギーです。発症するまでに時間がかかるのが特徴で、金属アレルギーや薬物アレルギーが代表的なものです。
V型
V型は発症のメカニズムはII型と同じです。パセドウ病がV型に分類されています。

アレルギーの検査方法はアレルゲンによって異なります。
代表的なものはパッチテストと血液検査の二つです。
パッチテストは腕の皮膚にアレルゲンと考えられる物質を塗布して反応を見る検査です。
検査できるものは、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー、金属アレルギー、花粉症などです。

またアレルギー性皮膚炎や結膜炎の診断もできます。
血液検査では、採血によってアレルゲンに対する反応を調べます。
食物や動物、植物アレルギー、ハウスダストなどがわかります。

パッチテストや血液検査を受けるには、総合病院などでアレルギー科のあるところへ行けば詳しく診断してもらえます。
近くにない場合は、アトピーなら皮膚科、花粉症なら耳鼻咽喉科などそれぞれの専門医や内科医院でも対応してくれるところがあります。

検査をする目安としては、肌が荒れる、くしゃみが出るなど同じトラブルが長引いている場合です。
あるいは毎年同じ季節になると出るときや、動物や植物などに接触したときに反応が出る際には、アレルギーが関連しているかもしれないので、一度検査を受けてみるといいでしょう。

アレルギーは遺伝する?

アレルギーは遺伝しやすいといわれています。
片方の親にある場合は30%、両親ともの場合は50%が遺伝するといわれます。
さらに親にアレルギーがなくても、その祖父母にあるときは遺伝するケースがあります。
子どもの頃から粘膜がかぶれやすい、花粉症であるなどの場合は遺伝性のアレルギーがあるケースが多いので医療機関でパッチテストを受けるなど診断してもらうといいでしょう。
パッチテストは乳幼児から受けられますし、血液検査のように痛みもないので子どもでも受けやすい検査です。

遺伝で気をつけたいのは、I型の食物アレルギーです。
子どもに反応が出たら、食事のときには注意したいものです。
子どもに反応を起こす食物には、牛乳、鶏卵、小麦などがあります。
しかし成長するにつれて免疫反応が強化され治まることもあるので、摂取を一切禁止するということではなく、注意深く反応を見守っていくといいでしょう。

また子どもへのアレルギーの影響を緩和する方法もあります。
たとえば母親が妊娠中から免疫を上げる生活をしていると、生まれてくる子どもの体質が向上する傾向があります。
とくに腸内細菌を整える食生活は、生まれてくる子どもの健康に好影響を与えるといわれています。
味噌、醤油などの発酵食品を多く摂ることで腸内細菌叢が整えられます。
妊娠中の食事は和食を中心に栄養バランスのとれたものにするといいでしょう。

さらに子どもが生まれてからも生活環境からアレルギー体質を緩和することが可能です。
心がけるといいのは乳幼児がいる部屋に適度な湿度を保つことです。
乾燥した部屋にはハウスダストなどのアレルゲンが増殖しがちです。
とくにアトピー疾患などから皮膚や粘膜を守るためには、子ども部屋の温湿度に気を配りましょう。

関連記事