• ホーム
  • アレルギーで通院した時に処方されたステロイドに注意

アレルギーで通院した時に処方されたステロイドに注意

アレルギー反応で赤みが出たり、痒みが出たりした場合は皮膚科に通院することになります。
このような場合には、ステロイドという薬が処方されるケースが多くあります。
アレルギー以外にもアトピー性皮膚炎やぜんそくに対してよく処方されるお薬なので、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。
このステロイドというお薬は上手く付き合うことが出来ればとても優秀です。
軽い炎症であれば患部に塗った翌日~数日後には、何事もなかったかのように元の状態に戻る場合もあります。

ただ、優秀である一方、使い方には注意が必要です。
例えば、自己判断で長期間使用することや、間違った方法での使用を続けてしまうとステロイド依存という状態になってしまうケースがあります。
どのような状態かというと、ステロイドなしでは肌を正常な状態に保てないという状態です。

ステロイドには強い抗炎症作用がある一方で、副作用として皮膚萎縮があることがわかっています。
皮膚萎縮とは皮膚が薄くなることです。
皮膚が薄くなってしまうと、外部からの刺激に弱くなってしまい炎症が起こりやすくなってしまいます。
そこでまたステロイドを使うという形で、悪循環に陥ってしまいます。

ステロイド依存で苦しんでいる方が多い背景の一つには、皮膚科で薬が処方される際に説明が不十分ということがあげられます。
ほとんどのお医者さんは処方される薬がステロイドであること、長期に渡った使用は好ましくないことを伝えた上で、薬の強さに配慮しつつ、短期的な使用になるようにコントロールしてくれます。
中にはステロイドであることすら説明されない場合があります。
アレルギーやぜんそくで通院した際に薬を処方された場合は、ステロイドなのか、そうであればどの程度の強さなのかといったことを念のため自分で調べることを強くお勧めします。

ステロイドに依存してしまったあとの脱出法

この記事を読んで自分がステロイドに依存しているなと思った方は、自己判断で使用を中止するのではなく、お医者さんに相談するようにしましょう。
ステロイドについてインターネットで調べると「脱ステ」といったキーワードを目にするかと思います。
これはこれまで使用してきたステロイドの使用を一切やめることなのですが、自己判断での実施は危険が伴います。
もちろん自分だけで実施して上手くいく人もいますが、本当に依存性が高い場合にはステロイドの使用を急に中止したことで、ひどい炎症が起きて感染症にかかるといったリスクもあります。
また、ステロイドを多用していたことの反動として、過去に炎症が出たことのない箇所に炎症が出てしまうケースもあります。
専門家のサポートのもと実施するようにしましょう。

また、通院する病院選びも重要です。
ステロイドの説明もしないような病院やステロイドだけで治療を進める病院に脱ステの相談をするのはおすすめできません。
脱ステには脱ステを専門とした病院や、脱ステという考え方を理解してくれる病院がありますので、インターネットなどでその病院の治療方針を確認した上で受信するようにしましょう。
中にはステロイドの強い副作用や依存性を認めていないような病院・医者もいます。

そして、脱ステに取り組むと同時に忘れてはならないのが、生活環境の改善です。
こちらも並行して取り組んでいく必要があります。
例えばアレルギー検査を行ってアレルギーの原因を特定し、そのアレルゲンを日常生活から排除する、もしくはなるべく減らすという基本的な取り組みです。
いくらステロイドの使用方法に気を配っても元々の体質改善に取り組まなければ根本的な解決にはつながらないので、根気強く取り組んでいきましょう。

関連記事