• ホーム
  • アレグラ錠60mgの価格相場と入手方法

アレグラ錠60mgの価格相場と入手方法

アレグラ錠60mgとはサノフィ社が開発した薬で、日本では花粉症の薬として知られていますが、鼻炎のほかに蕁麻疹や皮膚疾患などにも効果のある薬です。
日本では市販薬としてドラッグストアなどでアレグラFX、という商品が販売されており、病院で処方されるアレグラ錠60mgと同じ効果を得ることができます。
入手方法はそれぞれアレグラ錠60mgの場合は病院での処方、アレグラFXはドラッグストアや薬局での購入となりますが、入手する方法によって値段がどのように違うか比較してみましょう。

まずはアレグラ60mg錠、病院での処方の場合です。
病院で診察を受ける必要があるため、診察料もかかります。
薬自体は薬価72円のものが28錠ですが、処方のための調剤基本料や処方箋料など細かな料金が加算されるため、目安としては大体28錠の処方で2100円程度と考えると、1日当たりの薬の料金が150円程度となります。
これは保険適用の場合です。
それでは続いて市販薬の場合です。

アレグラFX錠の場合、価格は14錠で1419円、28錠で2037円となっており、これを1日当たりの価格に換算すると14錠入りで203円、28錠入りで145円という計算となります。
あまり差はありません。

もう1つの入手方法として個人輸入という方法があります。
個人輸入の場合、サイトにもよりますが60錠入りで3480円という価格のものがあり、1日あたりの価格は116円となり比較してみると大分安くなっています。
数が多いものは100錠、200錠と入っていますので多くなればなるほど安くなる傾向にあります。
アレグラには60mg以外に120mg、180mgのものも用意されているので目的にあったものを探しましょう。
また、アレグラにはジェネリック薬品が用意されており、アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩錠が多く配合されているのに安いものも用意されているので、そちらも確認してみると良いかもしれません。

アレグラも売っている個人輸入サイトとは?

アレグラそのもの、又はアレグラのジェネリック薬品も含め数多くの通販サイトで個人輸入ができるようになりました。
探す際には、検索サイトなどで「アレグラ 個人輸入」というキーワードを入力することで簡単にサイトを見つけることができるようになっています。

アレグラに関しては日本の処方及び市販薬は60mgのものが最大錠となっていますが、個人輸入の場合は120mgや180mgといった量の多いものも販売しています。
もし、普段60mgを使用している場合は、少し量が多くなりますので、利用する際には飲む分量などを調整するのが良いと思われます。
120mgを購入したが60mgだけあればいい、という場合には半分に割って服用すると同じ効果となりますので、飲み方を工夫してみましょう。

また、個人輸入を行っているサイトは薬を扱う専門のサイトが多いため、アレグラ以外にも数多くの薬を取り扱っています。
商品の名前、主成分などサイトの中からでも検索が出来るようになっていますので、自分の探している薬の名前や成分の名前などが分かれば検索してみると目的のものが見つかると思います。
服用する薬以外にも美容液やダイエット用など美容や健康に特化したものを取り扱っている場合もありますので、興味のある方は調べてみてもいいかもしれません。

また、サイトもいくつかありますので、多少ではありますがサイトごとに値段の差もあります。
そのため、いくつか回ってみて値段を比較して決めるのもいいかと思います。
購入する際には取り扱いや薬の注意点などが必ずサイトに書き込まれていますので、注意事項には必ず目を通すようにしましょう。
また、個人輸入について気になる場合はネットで個人輸入の法律についての情報もありますので、併せて一読されることをオススメします。

関連記事