• ホーム
  • アレグラのジェネリックの値段

アレグラのジェネリックの値段

アレグラは花粉症等に効くお薬です。
特に春や秋に外に行くと鼻水くしゃみが止まらなくなる方がいます。
お医者さんで処方してもらうお薬ですが、ジェネリックという後発薬であっても効き目は同じです。

ジェネリックは20社以上から出ていますが、すべて同じ名称となっています。
値段はアレグラに比べてジェネリックは半額以下となるため、特に問題がなければジェネリックにしてもらえばお薬代は減らすことができます。
なお、アレグラはお医者さんでの処方薬ですが、市販薬もあります。
しかし処方薬と、市販薬とでは何に効くかが違いますので注意が必要です。

市販薬のアレグラは鼻水くしゃみという花粉症の鼻炎にだけ効果があります。
他の効果はありませんので、熱や皮膚炎などもある場合はお医者さんに行って診てもらいましょう。
悪くなった体調はそのままにしておくと危険なこともありますので、気を付けてましょう。

さきほど、ジェネリックにしても、問題がなければと申しましたが、患者さんの体調や、他に持っている疾患、普段から飲んでいる薬によってはジェネリックが使えない場合もあります。
折角ジェネリックにすれば薬の値段が抑えられるのにと、残念な気持ちにもなりますが、人それぞれ違う体ですので、お医者さんに相談はしなければなりません。
また、通販でもアレグラの取り扱いはありますが、アレグラという名称だけですぐに買ってしまうのではなく、詳しい説明も見て安全が確認できてからの購入にしましょう。
飲んでいても効かないという、偽物の場合もありますから、全く知らない薬品会社のものはやめておく方が賢明です。
折角値段が安くても、偽物を買ってしまうと、損になるばかりか、健康被害が出ても困りますので、気を付けてましょう。

一番安心なのはお医者さんで処方してもらうことと、薬局で薬剤師さんに相談して購入することです。
自分の、他に飲んでいる薬があればそれも伝えましょう。
お薬手帳を持参すれば安心です。

アレグラのジェネリックが効かない時考えられる理由

アレグラのジェネリックが効かない時考えられる理由は、偽物である場合があります。
効かない場合は使用を取りやめましょう。
調子が悪い時はお医者さんで診てもらうことをお勧めします。
また有名な会社のジェネリック製品でも、効いてこない場合は、その用途に理由があるのかもしれません。
アレグラは花粉症のお薬ですから、花粉症でなく、風邪によるくしゃみ鼻水であれば効きません。

また、花粉症に効くからとじんましんなどにも効くかというとそうではありません。
鼻炎には効いても、皮膚炎には効かないということもあります。
改善がされないことで心配ならば、現在のお薬の服用は中止して、それを持参のうえ、お医者さんで相談してみましょう。
その人に合ったものに変えてみてくれるはずです。

体の衰弱などがあってなかなかジェネリックが効いてこない場合もあります。
体調が悪い時は無理をせず、仕事は控えめにし、消化の良いものを食べて体を休めましょう。
お薬に頼るだけではなく自分自身で体を治していけるように、体をいたわってあげることも大切です。

鼻炎時には鼻が痛くなりますから、柔らかくローションの入ったテイッシュを使うと、鼻の粘膜に優しいです。
また、鼻に殺菌力もある保湿クリームを塗ってあげましょう。
外に行くときはマスクをつけることを忘れないようにしましょう。
そうやって体をいたわりつつ、ちゃんとしたジェネリック等を使用していれば治っていくでしょう。

季節的にいつも花粉症になるという方は早めにマスクを使い、洗濯物は室内干しにして、花粉を家の中に持ち込まないように気をつけましょう。
天気予報も注意深く聞いておきましょう。
自分で自分の身を守りつつ、節約できる部分は節約していきましょう。

関連記事